家庭用脱毛器は子供にも使えるの?

最新の家庭用脱毛器には、サロンでも使用しているフラッシュ脱毛で、刺激が少なく肌に優しく、女性の顔や産毛にも安心して使用できるものがでてきています。

 

そうすると、子供にも使えるのか気になるところです。

 

その前に前提条件として、

 

子どもの肌は刺激に弱く敏感です。
まだ成長過程にあるため大人になるにつれ、ムダ毛の量も増えていきますので、脱毛しても完全にはツルピカにはなりません。

 

専門のエステでも中学生以下の脱毛を行なっているサロンは限られていて、全国規模ですとディオーネとTBCプロデュースのエピレなどに限られます。

 

エピレで行なっているのは、フラッシュ脱毛ですので、家庭用脱毛器ですとケノンやイーモリジュが該当します。

 

あくまでも自己責任で

 

ケノンは照射出力も10段階に調整できるので、肌の弱い子供でも使えそうなのですが、メーカーとしては推奨していないようです。

 

大人には人気の脱毛器ですので、性能的には問題ないと思いますが、あくまでも自己責任で判断して頂く必要があります。

 

もし、使うのであれば、保冷剤などで肌を冷やし低い出力で肌の状態を確認しながら行うと安心です。そして、子供だけの使用は絶対にさせないで親が処理してください。

 

ケノン公式サイトへ

 

お母さんが自分用に購入して、試してみては如何でしょう。

 

 

お子さんの年齢や毛の太さや量にもよるのでしょうが、上手に利用されている方も沢山います。

遺伝の剛毛、科学の発展に感謝

私自身、両親が毛深く幼い頃よりムダ毛に悩まされ続けて行くきました。
その時代の処理道具はカミソリやピンセットくらいしかなく心底ムダ毛に辟易していました。

 

そして悲しいことに遺伝は続き、産まれた息子も娘もとても毛深く産まれてきました。
特に娘は色が白いせいでムダ毛がよく目立ちます。

 

摩擦の強い場所にはムダ毛が生えにくい事は自分の体で知っていたので、娘の初めてのムダ毛処理は、ベビーマッサージならぬベビームダ毛摩擦マッサージだったと思います。

 

子供にカミソリを使うのはとても怖いので、体の方は毎日少しずつムダ処理ができるという繊維の細いムダ毛処理用タオルで日々のケアをしていました。

 

ですが一番気になるのは鼻の下や眉間のムダ毛です。
こればかりはタオルで擦って処理するわけにはいかず頭を悩ませていましたが、小学生に上がった頃にはカミソリを怖がることも無くなったので、カミソリを使って処理しました。

 

最近では光脱毛が進化してきて、家庭用の脱毛器具も驚くほどの進化を遂げました。
そのおかげで、痛みもなく広範囲を永久的に処理できるようになり、子供の脱毛も光脱毛で処理しています

 

脇の処理などはカミソリやピンセットだと肌が傷み、肌が傷むことでまたムダ毛が増えるという悪循環が起こるのですが、
子供だけにムダ毛の処理をさせていると、結局そういった原始的な処理方法になってしまうので、大人がキチンと正しい処理の知識を教えてあげなければならないと思います。

 

科学の進歩のおかげで、根本からキレイになれて日々のムダ毛処理から解放されて、子供にもムダ毛による恥ずかしい思いをさせることがなくなったのは本当に嬉しいことだと思います。

 

ケノン公式サイトへ

 

 

家庭で行うのが不安な方は、こどもの脱毛を行っている専門サロンでは無料相談も行っています。
>>子供も安心な脱毛サロンの詳細へ