子供が望むなら親が方法を教えるべきかも

大人の女性にとってムダ毛処理は必須ですが、実は子供であってもムダ毛は深刻な問題だったりします。

 

「子供なんだから毛なんて気にしないの。」と感じる大人もいることでしょうが、女の子は小学校高学年か中学生くらいになると徐々にムダ毛が気になりだすものなのです。

 

初めて自分に生えてきたわき毛を見て戸惑ったりもするし、まだ未熟で知識もないため、誤ったムダ毛の処理を行いがちです。例えば、100円で買ったようなカミソリでそのままジョリジョリと剃ってしまったり、ハサミで切ってしまうこともあり得るのです。

 

このような誤ったムダ毛の処理は肌を傷めますし、ときには血が出るような怪我をおってしまうことも考えられます。
しかし子供は、戸惑いや恥ずかしさからムダ毛のことを親に相談することもなかなかできないものです。

 

とくに女の子の子供をもつ親は、思春期になったらこのような子供の気持ちや行動を理解し、怪我などをする前に正しいムダ毛処理の方法を教えてあげることが必要だと思います。

 

もちろんこちらから積極的にムダ毛処理を促すことはありませんが、子供自身が強くムダ毛の処理を望んでいるならば、子供のムダ毛に真剣に向き合ってあげ、処理の方法を教えてあげることも親の努めであると思います。

 

子供の脱毛を考えるのも思春期の子をもつ親の努めです関連ページ

旦那に任せてみた
娘の脱毛を旦那に任せてみたら、うまく解決しました。
早めにサロンで脱毛
うちの娘はまだムダ毛を気にしていませんが、思春期になったら早めに脱毛サロンに連れて行こうと思います。
痛みのない方法を
子供の肌はとてもデリケートですので、優しい痛みのない方法で脱毛してあげてください。
皮膚科で脱毛を
うちの娘はあまりにも毛深いので、皮膚科を紹介してもらって脱毛しました。
小学2年生はママのカミソリで
我が家の小学2年生の娘はオシャレに興味を持ち始めたので、ママのカミソリで腕のムダ毛を処理しています。
中学生から始めました
うちの娘は中学生からムダ毛の処理を始めましたが、どのように処理すべきかとても悩みます。
高校から脱毛器で
友達の娘さんは高校に入ってから、家庭用脱毛器で処理を始めたそうです。
私も脱毛したかった
子供の頃から毛が濃いことで悩みましたので、自分もレーザー脱毛したかったと思います。
もう少し我慢
小学生の娘が毛深いことで悩んでいます。なんとかもう少し我慢させて高校生になったらサロンで脱毛させたいと思います。
電気シェーバーで
私に似て毛深い娘の産毛処理には電気シェーバーを使いことにしました。
母に剃ってもらう
私が子供の頃は母親にカミソリで脱毛してもらっていましたが、自分の子の処理はどうしましょう。
ダンナの髭剃りで脱毛処理
年頃の女の子ですからムダ毛が気になるのも解るし、ダンナの髭剃りで脱毛したのも仕方ないと思います。
濃い口ひげと繋がった眉毛
長男が生まれた時からとにかく毛深くて困っています。背中も腕もシャワーを当てたら毛の流れで道ができるくらいボーボーだし、顔の毛も濃いです。